トイレ詰まりの原因は・・・

           

我が家では猫を飼っています。必需品は猫のトイレですが、我が家の猫トイレでは流せる紙タイプを使用しています。紙は大粒のもので、これは飛び散り防止に良いのです。水洗トイレに流せるため、大変便利でした。ある日、猫トイレ洗浄のため、トレイの猫砂(紙)を少しずつトイレに入れ、数回に分けて流しました。時間を置かずに流したためか、最後のほうでちょっと流れが悪くなりました。いつもより水はけが悪いなぁと思いつつ、何とか流れたのでそれほど気に留めず、猫トイレの洗浄に取り掛かりました。作業中、便意を催し私がトイレで大をしたところ、詰まりました・・・完全に。水位は便器から溢れるギリギリのところでした。汚いし早く処理したかったんですが、もしかしたら徐々に排水するかも?と思い、暫く放置。しかし30分ほど経っても水が引かず、慌ててホームセンターに真空式のパイプクリーナーを買いに走りました。まず汚水を少し汲まないとクリーナーを入れたときに溢れますから、小さなバケツで汚水をすくいました。それからパイプクリーナーを入れ、吸着させ、ポンピングです。手順がよくわからず、汚い話ですが便がクリーナーに吸い込まれたりして大変な思いをしました。何度かポンピングを繰り返すうちに、少しずつ排水するようになってきました。が、以前詰まらせ直った時のような「ゴボゴボ」という音とともに急激に流れる感じが無く、すーっと水が引いていく感じでスッキリしません。またすぐに詰まるだろうと思い、自力を諦め業者を呼ぶことにしました。結局、詰まりの原因は、猫がトイレに入り込み、じゃれて落とした飾り物と判明。わかっていたら初めから業者さんを呼んだのに・・・。不快な思いと無駄な労力にすっかり疲れてしまった体験でした。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です