トイレの水が流れっぱなし

           

札幌に住んでいた頃、仕事を終えて帰宅するとトイレの水がものすごい勢いで、流れっぱなしになっていました。

かなり古いアパートでしたので、風呂の蛇口を閉めてもポタポタと漏れていることはありましたが、さすがにここまでは初めての経験です。

とにかく、すぐにトイレのレバーを確認したところ、レバーを動かす際の抵抗がなくプラプラしていました。

これが原因だなと思い、元栓を閉めて水を止めました。

30分程、経過してから再び元栓を開きましたが水は出てきません。

念のためプラプラになっているレバーを引いても反応なし。

絶望的な思いで、アパートを管理している不動産屋に連絡をしました。

不動産屋が迅速な対応をしてくれたおかげで、それから1時間足らずで業者さんに来ていただきレバーを直してもらいました。

どうやら、レバーの付け根の部分が磨耗してしまっていて反応しなくなっていたのが原因だそうです。

業者さんが帰った後に我に帰りました。

どのくらい流れ続けてたんだろう、水道代いくらになるかなぁと月末まで不安の日々を過ごしました。

その日からトイレを流した後は、水が止まるのを確認してから外出するようにしています。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です