台所の水漏れ

           

冬のある日に台所付近で不定期間隔で、電子音が鳴り響き何事かと音の元を探すと、台所の床下に

見慣れない基板?き出しの器械があり、電池を抜き音は止まりました。

ネットで何の器機なのか調べると、今は使われない水漏れの検知器であることがわかり、色々と調べると、キッチンのシャワーヘッドの蛇腹から水が漏れていることが判明。

しばらくそのまま放置していたが、蛇腹の亀裂が広がっていたらしく、台所の使用が困難となり、休みの日にネットで調べて初めて水道屋さんを呼びました。

数時間後、水道屋さんが来て水栓を見るなり、「あーこれかー」と言うので何事か聞いて見ると、

・シャワーヘッドの水栓は、耐久性が低く、10年以内には大半が壊れる

・使用している水栓は、メーカーがもう無い為、部品が無い

ということを説明してくれました。。

特に、私がマンションを購入した時期には、なくなったメーカーの水栓の在庫を処分するために格安で出回っていて同じメーカの水栓の交換作業が増えているとのことでした。

仕方なく、水栓自体を交換することとなり、小一時間程の工事費などの総額で数万円位の出費となってしまいました。

今使用している水栓は、シャワーヘッドでは無いのですが、不便なく使用できています。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です