私が初めてウォシュレットを使ったときの出来事

           

私が小学五年生の頃まではウォシュレットが友達の家などではまだ導入されていませんでした。小学6年生の春に私の友人の家を新しく建て替えるために新築にしました。それと同時に私の友達の家の中では初めてウォシュレットを導入した家が建ちました。私の家から学校に通う通学路にその友達の家があり、下校の際や朝通学する際に友達の家によって遊ぶことが多々ありました。たまたま私が下向の際にお腹の調子が悪くなり、その友達の家のトイレを借りました。私は新築の匂いがしながらとても快適な空間ですっきりになりました。ふと私がトイレの片隅にいくつかあるボタンに興味を持ち出し、一つずつおしていきました。私はビデと書いてあるおしりに水がかかっている絵が、私にはトイレを流すマークなのかという考えにたどり着き、押してしまいました。そしてそのままトイレを後にしました。トイレを出て玄関に出て靴を履いているとなにやらトイレのほうから水が流れてきました。友達のお母さんは発狂して、慌ててトイレのビデを止めました。まさかこんなことになるとは思いもよりませんでした。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です