カビ臭かったのは、トイレの縁裏でした。

           

家の中、特に玄関あたりが何となくカビ臭い、そう感じましたが、それがトイレからだとは思いもしませんでした。我が家の玄関はトイレのすぐそばで、靴箱から匂うのだろうと考えました。というのもトイレは毎日掃除をしていましたし、以前靴箱の中からカビの生えた靴が見つかったことがあったからです。
早速靴箱の中を全部出して棚を拭き、きれいに掃除をしましたが、今回はカビの生えた靴はありませんでした。
そして、それからもカビ臭さは改善しませんでした。一体どこから匂っているのか、その匂いの元をたどると、どうもトイレから匂っているようでした。
目につくところはどこもカビはなく、タンクの中も見ましたが大丈夫でした。ふと、便器の縁裏が目にとまりました。そこは掃除の時トイレブラシが届かず、毎回さっと済ませているだけの部分でした。もしかしたらと、古い歯ブラシで縁裏の奥の方をこすってみました。
すると黒い泥のようなものがとれ、それはつんとするカビ臭さでした。原因はこれだったのです。
私は古い歯ブラシでかき出せるだけかき出し、水を何度も流しました。さらに雑巾を押し込んで取りきれない残りのカビを拭きとりました。
それからはカビ臭さはなくなり、定期的にトイレの縁裏の掃除もするようにしました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です