-2度の極寒でトイレの水が流せなくなりました

           

今年の冬は関東でも雪が積もるほどの寒波が押し寄せてきています。その弊害は我が家にもやってきました。なんと、寒さの余りトイレの水が流れなくなってしまったのです。
午前中の早い内に業者に連絡をして原因を調査してもらったところ、トイレの水を流すポンプが凍結してしまっているとのことでした。業者からは午後になれば気温が上がって自然に流れるようになると言われましたが、今年の寒さは尋常ではないので、また繰り返しポンプが凍結してしまったり、その他の水回りの機材が故障してしまうと生活に支障が出るので、ポンプその物を買い替える工事をしてもらいました。工事の時間は2時間半はかかるとのことで、それまで家にいた家族と工事中の時間を潰すためにショッピングモールに出掛けました。家にいてトイレに行きたくなってもショッピングモールなら行けますし、工事が終わるまでの間に買い物を済ませることも出来ます。寒さもあって、本当はその日は外出をしない予定でしたが、思わぬトラブルで遠出をすることになってしまいました。工事が終わる頃に帰宅し、業者に工事費を払って、何とかその日の内にトイレが使えるようになりました。そして、家族とこれからは冬の時期は特に、水回りやトイレの機材が故障してしまう前に毎年点検をして貰おうと話し合いました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です