トイレの詰り、流れが悪い

           

以前住んでいた足立区の木造のワンルームアパート2階建ての1階に住んでいた時の事です。ある日、朝トイレに行って流すと流れる事は流れるのですがスーとはいかないのです。

その時は仕事に行くのであまり気にしていませんでした。しかし数日後の休日の日、トイレを流したら水位がどんどん上がり溢れてしまったのです。これには困りました、まず掃除をしてから思い当たる事を考えたのですがこれと言って何もありません。そして大家さんに電話をしました、トイレが詰まったので業者を呼んで欲しいと。その時大家さんは直ぐに呼びますが費用を払うのは業者の判断で決めるとのことでした。

1時間ほどで修理屋さんが来てくれ、すぐに作業開始です、バケツで便器に水をいれ水位を上げてます。スッポンでも持って来ると思ったのですが全然違うもので、それは1メートル位の鉄パイプで先はバネで左右自在に動く可動式のドリルみたいでした。

手元に手で回転させる取っ手があり、それを回すと先端のドリルが回転して詰りの元を破壊して直すものでした。まず私の部屋のトイレをそれでグリグリとやりました。しかし手ごたえが無いというのです。その証拠に水位は下がりません。詰りはうちのトイレではなかったのです。その人は少し考えてすぐにアパート前にあるの直径40センチ位のマンホールの蓋を開けたのです。そこは汚物専用の下水でその中は満水状態でした。

先ほどの道具でその中を探りグリグリをすると横にいた私にも何かが割れる音が聞こえました。すると汚水がどんどんと流れていき水位はゼロになったのです。部屋のトイレを確認すると正常な状態に戻っていました。何が詰まっていたか一応聞いてみましたが何か硬い物という以外専門家でも流れてしまった後ではわからないとの事です。業者の人がこのれの原因はこの建物居住者全員にあるので請求は大家さんにしますと言って帰りました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です