私の家ではトイレの排水管部分から、突然水がポタポタと漏れが生じてしまったことがあります。

           

私の家ではトイレの排水管部分から、突然水がポタポタと漏れが生じてしまったことがあります。

そのままにしておくと便器の周りが水浸しになってしまうので、自分たちで修理して見ようということになり、まずは水道管の元栓を閉めました。

水道管の元栓を閉めると家全体の水道が止まります。早急に治すためにまずはトイレの水を全て流して空っぽにしてしまうのがオススメです。

水が全て止まっていることを確認してから、漏れが生じていた部分のパッキンを調べました。

なかなかトイレの排水部分のパッキンを調べることはないので、どうしようか迷いますが、マイナスドライバーとモンキーレンチがあれば取り敢えず簡単な部分は外せます。

漏れが生じていた部分はパッキンがかなり劣化していました。

劣化したパッキンを持ってホームセンターに行き、水道管用のパッキンコーナーで同タイプのものを見つけます。
ちなみに漏れをさらに防ぐためにシールも購入しました。シールはボルト部分に巻いてからボルトを締めるもので、 水漏れをより起こりにくくしてくれるものです。

近所にホームセンターがあったので作業時間は漏れを見つけてから2時間くらいでなおりました。

我が家では水漏れがあってから、必要な部品はあらかじめ予備を買っておくことと、年末の大掃除の際などに水量の調節部分と合わせて点検するようにしています。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です