トレットペーパーでのトイレ詰まり

           

トイレ詰まりの話だから綺麗な話ではないので覚悟して下さい。

小学生の子供が夜遅くになってから体調が悪くなり、食あたりなのか「戻しそう」といいながらトイレに走ったのですが間に合わず、トイレの床に嘔吐物をまき散らしてしまいました。
嫁が溜息をつきながらトイレットペーパーで床の嘔吐物を拭いては便器の中へ捨てていました。詰まる事など考えずそこそこ綺麗になるまで大量のペーパーを流さずいたので、いざ流そうとすると紙詰まりで水が流れません。当然すぐに満水状態になって溢れかけたので私にお鉢が回ってきました。

トイレ詰まりなど初めてだったのでラバーカップはありませんでした。先ず思いついたのが専門業者への依頼でした。ネットで調べてみると何やらボッタクリの怪しい話が満載です。そうでなくても○○千円ほどはかかりそうです。

さてどうしようかと思案しばらく。ラバーカップの原理を考えてみると要するに溜まっている汚水全体を激しく揺すって何処かに詰まっているペーパーを動かしてやれば良いようです。
ふとある方法を思い付きましたが、汚水に手を付けなくてはならないのでその勇気を絞り出すのに一呼吸かかりました。
そして用意した物はビニールゴミ袋1枚と小さなビニール袋4枚です。小さな袋は私と嫁の両手にはめて手首のところを輪ゴムで止めます。そしてゴミ袋を便器(洋式トイレ)内の水面に合わせて私が両手で便器に押し付けます。その袋の中央付近を嫁が摘まんで上下にペコペコと動かします。
水の動きが想像通りの良い具合に思えました。「流れろ!」と念じつつ、作業を続ける事約2~3分。ゴボゴボという音と共に溜水がザッと流れました。大成功です。再度、通常通りに水を流して作業完了。

少々気持ちの悪い思いはしましたが、費用0円です。業者依頼の諸々の不安や高い料金を考えると、お困りの時には一度お試しを。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です