トイレのつまり

           

数年前のことです。私がトイレに行こうとしたとき…、トイレの床が水浸しで、便器も水があふれてびしょぬれになっていました。細かいトイレットペーパーのカスも混じっています。急いで母を呼び、これからどうするか相談しつつ、後片付け。うちにはトイレが2つあり、水もだんだんとひいていっているようだったので、とりあえず様子を見ようということになりそのまま放置することになりました。でもまた水浸しになったら困る…。そう思い、やはり専門の方にみてもらうべきだと思い、私たちは水回りの専門の業者さんにみてもらうことにしました。業者さんはすっぽんを使ってみると、大量のトイレットペーパーが…。どうやら私の前にトイレを使っていた兄がトイレ掃除?か何かでたくさんトイレットペーパーを流したのが原因だったそうです。専門の方にトイレットペーパーは一度に大量に流さないようにと注意を受けました。あれから数か月後、またトイレの床が水浸しに…。前回の経験を踏まえ、すっぽんを買ってきて対応。なんとまた大量のトイレットペーパーが出てきました。犯人はご察しの通りです。前回もそうでしたが、下品な話になりますが、排出物が混じっていなくて本当に良かった。後片付けが大変です。犯人にトイレットペーパーを一度にたくさん流さないよう注意し、ここ数年はトイレが水浸しになったことはありません。すっぽんはすでにホコリがかぶっています。すっぽんのすごさを実感した経験でした。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です