トイレの水漏れを修理した話

           

我が家のトイレおそらく15年ほど経つものだと思うのですが(中古住宅で前の人がリフォームしているので良くわからない)、トイレを流した後にいつまでもちょろちょろと音がするような気がしていました。
しかしながら水を流してすぐにトイレから出るのであまり気にもとめておらず、実際水漏れに気がついたのは水道代が跳ね上がっているのを見てからです。
あちこち調べてトイレのタンクからいつまでも水音がするのに気付き、よく見てみるとずっと水が出ている状態でした。
一回自分で直してみて、それでもだめなら業者を呼ぼうと思って、ネットで色々調べて、フロートゴム玉の劣化に行き着きました。
ネットで買おうとも思ったのですが、とりあえず近くのホームセンターにいくと売っていたので購入。このとき、二種類あるうちどちらかわからず、勘で購入したら見事にサイズを間違えていました(小さかったです)。
その後改めて買いなおし、交換時ゴムが劣化しすぎて手が真っ黒になったので、絶対に手袋をした方が良いです。
作業自体は簡単でした。鎖の長さは何度か調整したけど、その程度です。
交換後すぐに水漏れが止まったし簡単だったので、自分でして良かったなと思います。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です