自宅トイレの水が出っぱなしになってるのを直したが、クセづいてしまった

           

私は40代の男性で一人暮らしをしています。
実は以前からトイレのトラブルで困ってます。
そのトラブルの症状というのは、トイレの水が出っぱなしになる事です。

自宅のトイレは水洗の和式トイレなのですが、お水を流すとしばらく貯水タンクに水が注ぎ込まれます。
普通は一定量貯まったら給水はストップします。
しかし給水が止まらなくなってしまったんです。

トイレに行ってから1時間ぐらい経過してるのに、トイレから水音がするんですよね。
あれ?と思ってみてみると、水は止まらずに流れっぱなしとなってました。
幸い床が水浸しにはなってませんでした。
しかしこのまま放置しておけば水道代の無駄ですし、第一貯水タンクに水が貯まらないので小便ならともなく大便を流せません。
そこで貯水タンクの上部分をはずし、どうなってるのか調べてみました。

結論から言うと、貯水タンクの底の蓋がきちんと閉まっていなかっただけなので、一度蓋を持ち上げてから底に落とすと水はストップしました。
しかし手を突っ込む際に水しぶきが飛んでトイレの床はビチャビチャに。
貯水タンクの上部分を外す時に何か触ったようで、手は真っ黒。
業者に依頼せず自己解決出来たので修理代はかかりませんでしたが、散々でした。

ただ蓋をしなおしたというだけで、根本的な修理にはなってないんでしょうね。
クセになったようで、それ以降も度々水が流れっぱなしになるんです。
その度に手を給水タンクの底に突っ込んで蓋をつけ直してるんですけど、その度にトイレの床は水でビチャビチャ、手は汚れまくり。
お金がもったいないなと思って自分で直してますが、やはり業者に依頼してちゃんと修理しないとダメなのかな?と悩んでいます。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です