水道管の継ぎ目から水が漏れ出した

           

去年の春のことですが、トイレのタンクに給水する水道管の継ぎ目から水がしみだしてきました。

そのときはたいした量のしみだしではなかったので、しみだしている場所に見当をつけて防水パテで固めました。一見これで問題は解決したように思えたのですが、とんでもない間違いでした。今度はパテを伝って水がしみだしてきて、でも一度固めたパテは固まって取れなくなっているので、さらにパテを重ねるということを繰り返しているうちに、どこを伝って水がしみだしているのか分からなくなってしまったのです。

結局専門業者に依頼して直してもらう事になったのですが、パテが固まっているので問題箇所が見つけにくく、何とか見つけてもらえた問題箇所はそれほど大きなものではなかったのですが、パテを重ねてしまっているのでそこだけ交換すればよいというものではなく、結局壁からタンクに至るまでの部品を全部交換することになってしまいました。

業者さんいわく、最初にしっかりと問題箇所を見つけていれば素人でもDIYなどで売っているもので簡単に交換できたとのことでした。また、パテをタンクや壁側につけてしまっていたら、タンクの交換や、壁の水道管の出口を交換する大きな修理になってしまった可能性もあるということで、そうならなかったのは幸いでした。

自分で修理するにしても、小手先の処理ではなく、しっかりと下調べをしてから取り掛かることが大切なのだと思い知らされました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です