トイレ詰まりなら

           

トイレ詰まってしまったら重曹などを流して詰まってるのを溶かす方法がいいでしょう。

ですが、容量間違えてしまえば配管破裂して高い修理費が請求されてしまいます。そして、つまりの原因で多いのはトイレットペーパーですが、一番簡単で、これは水に溶ける水解紙で作られていて、放置すれば溶けてくれます。

ですが、量が多ければ溶けるのに時間かかります。そうしたときはお湯です。ですが熱湯は配管、便器は損傷の危険あって、50度ぐらいの湯にしましょう。温度計がないと知多時も心配いりません。

お湯を鍋で沸かし湯気出てきたといったタイミングが大体40~50度ですが、泡立ってくれば温めすぎで覚ましましょう。お湯流すときですが、バケツで便器内の水を汲み水笠なるべく減らしましょう。

湯をなるべく高い位置から排水王目掛け流しましょう。はじめ便器内の水減らすには水多ければ湯がぬるくなり、排水溝の奥まで湯が届きません。湯を流すとき一度にたくさん流せばあふれてしまいますから注意してください。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です