用を足したあとにトイレのレバーを引いても水が流れない

           

用を足した後、トイレの水を流そうと、いつものようにレバーを引きました。

しかし、レバーはきちんと動きますが水は一切流れません。そして心なしかレバーがいつもよりも軽く感じます。トイレのタンクにはきちんと水は溜まっています。流れない理由が想像つかず、業者を呼びました。

すぐに来てくれて、見てもらうと、トイレのタンクの老朽化が原因でした。レバーと連動している鎖が切れていたそうです。すぐに鎖を治してもらい、1時間ほどで元どおりになりました。とりあえず応急処置をしてもらったのですが、老朽化が原因なので後日鎖を

交換してもらいました。費用は1万円程かかりましたが、自分ではどうにもできない修理内容でした。

応急処置をして、交換をして、2度にわたり業者の人が来ることになり、少し面倒でした。応急処置をした後、鎖を交換するまで再び流れなくなるのではという不安がありました。しかし無事交換することができました。10年ほど使用したトイレですが、見た目は新しく見えます。けれど、綺麗でも中は老朽化するのだと思いました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です