トイレにおむつを流してしまい捜索してもらいました

           

私が、30歳代で、子供が赤ちゃんのころ、賃貸マンションに住んでおり、布おむつが肌に良いということで、それを使っていました。

ウンチがついた布おむつを、洗面などで洗うのに抵抗があったため、トイレで水を流しながらごしごし洗いながらウンチを布おむつから落とした後、洗濯機で洗濯していました。いつもは、布おむつがトイレの水流で流されないように、しっかり握っていたのですが、ある日、ちょっとしたはずみで、手から布おむつがトイレの中に流れてしまい大慌てしてしまいました。自分で、手をトイレの水没部につっこんでもなく、水を流しても流れるので、自分の家のトイレ内は詰まっていないことが分かりました。

ただ、逆に、賃貸マンションなので、マンション内のどこかの配管を詰まら せているとすると、他の家に迷惑をかけ大問題になるのではと考えました。

そこで、賃貸マンションの下水道屋さんに事情を説明したところすぐにきてくれて点検をしてくれました。心配して見ていたのですが、さすが、プロでした。下水配管をたどって調べ30分ほどで、これですかと持ってきてくれたのが、私が流してしまった布おむつでした。

下水配管には、へんな物が流れて行かないように、いろいろな節目に、トラップがある箇所があるらしく、そこに、行けばおおよそ流れたものが引っかかっているそうです。その方からも、自分の家が大丈夫でも、賃貸マンションでは、配管途中でつまると大変なので、早めに言ってくれて良かったとおっしゃってくれました。

やはり、トイレのトラブルは、大事になる 前に、専門家に任せるべきとその時改めて思いました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です