水が流れなかったり、トイレが詰まる

           

実家にいた頃のことです。
既に10年以上そのトイレを使っていたと思うのですが、なんだか最近水の流れが悪いなあと感じていました。
父が手前味噌で何度か修理していましたが、良くなるのは一瞬のことで、また数日もすると元の悪い状態になります。
早く専門の業者さんを呼んで、見てもらえばいいのにと子供心に思っていましたが、父は根っからのケチなので、一向にその気配はありませんでした。

しかしある日、とうとう一番最悪なことが起きました。
トイレが詰まって中の物が溢れてしまったのです。
私が騒ぎに気づきトイレに駆けつけた時には、既に父や母が掃除をしていて、「今こっちに来てはダメ」と叫んでました。

やっぱり…だから早く業者さんに来てもらったらよかったのにと思いましたが、それでも父は掃除を終えると自分で修理を始めました。
「もう大丈夫」と父が言うものの、正直怖くてトイレを使いたくありません。
でも実際はそういうわけにもいかず、恐る恐る使っては水を少しづつ流すようにして、きちんと汚物が流れているかを見るような状況でした。

トイレはやはり素人では分からない構造です。
結局あの後数日してまた同じ様なことが起こったので、さすがの父も観念して業者さんを呼びました。
トイレ修理をした業者さんはとても手際が良く、たぶん30分もかからなかったと思います。
当時私はまだ子供で、どこをどう修理したのかは全く分かりませんでしたが、作業の様子は見ていてカッコ良かったです。
毎日使うトイレは異常に気が付いた時がラストチャンスと思って、すぐに専門の業者さんを呼ぶに限ると思います。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です