洗面所KVKシャワーホース内部の劣化

           

ある朝、洗面所の蛇口をひねったら水がわずかしか出ず…「あれ?断水のお知らせなんて聞いていないのにどうしたんだろう?」と、キッチンの蛇口も試してみた所いつも通り水が出ました。

という事は洗面所の蛇口がおかしいのだと確信しました。
とりあえず原因究明をしようと外せそうな部品を外して見てみたら蛇口の先の網状の部分に薄い緑色の小さな塊が沢山詰まっていました。

これが詰まって水の流れを止めていたらしい事が原因だとわかったのですが、それにしてもこの緑の物体はいったい何なのか?
こんな時にネットは本当に便利ですね、検索したらヒットしました。
KVKというメーカーのシャワーホースは劣化すると薄緑の異物がボロボロ出てくるらしい事がわかりました、早速洗面台メーカーに問い合わせてみました。

こんな事になっているのを知っていたのか?知っていたら取り替えるべきでは?と問いかけてみたのですが、自社には責任が無いので有料取り替えになります。と繰り返すばかりで話にもなりませんでした。
ちょっと特殊な洗面蛇口なので、蛇口ごと変えるのはかなり高額になりそうなので我慢してホースだけ有料で取り替えていただきました。

ですが、水は口にも入れるし顔も洗います。キッチンではなかったのがわずかに救いでしたが異物が流れてきたりシャワーチューブが劣化して変なベタベタした状態になる事を放置しているメーカーなど信用できるわけもありません。
洗面所をリフォームする時は絶対に別メーカーに頼もうと思った出来事でした。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です