油断するとトイレの後に水が流れません

           

普段何気なく使っているトイレですが、寒い地域に住んでいると朝起きてトイレに行き流そうとすると水が流れない事が時々あります。原因は凍結です。寒い地域では夜間気温が下がると翌朝凍結の為水が出ない事があります。

特にトイレは比較的外部に近い位置にあり、普段から暖房器具などを使用しているスペースではないので、室温が下がっている傾向にあります。そのため、凍結してしまうという事が起きてしまいます。水道管や器具、パッキンなどが比較的新しい場合であれば、気温の上昇とともに凍結が解消して普段通りに使用できるようになります。ですが水道管が古かったり、トイレそのものが設置してから何年もたったものだったりすると、最悪の場合は解凍したときには水が噴き出してしまうなんてこともあります。

凍結により管部分が膨張して亀裂がはいってしまい、その部分の氷が解けたと同時に水が噴き出してしまうなどという事も起こりえます。そのような事態を回避するためには気温が下がりそうな場合に事前に止水栓を止めてあらかじめ水抜きをしておいたり、少量ずつ水を出し続けるなどしなければなりません。寒い季節に凍結により水漏れが発生すると、夏場の故障よりはるかに対処するのが大変です。また、凍結するような気温が低い日は他の家庭でも同じように気温が低いわけなので、あちこちで凍結による漏水が発生するなどという事態も想定されます。水漏れで業者に頼んでも混んでいて来れない事も起こります。

今年の寒さもまさにそれで、我が家も油断して凍結させてしまい、古かった接続部分から漏水してしまったのですが、業者に頼んでも混んでいるのでしばらく行けないと断られてしまいました。そのためしばらくはトイレの水を止めてそばにバケツを置き使用後にそれで流すという対応を余儀なくされました。そんな事態にならないためにも事前に油断せず凍結防止策をしておかないとと改めて感じました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です