トイレのつまり

           

自宅の水洗トイレが過去2回ほどつまりました。
初めてつまった時は業者に依頼しましたが、12,000円もの請求となり、2回目以降は自力で処置しました。
2回目にトイレがつまったと同時に、自宅に常備していなかったラバーカップを近所のホームセンターに買いに走りました。
溢れそうになったトイレの水がなるべく飛び散らないように、そうっとラバーカップを排水溝にあて、ぎゅっと押します。そして勢いよく引っ張りました。
1回で通るものと思いましたが、そうはいかなかったです。ここからはもう意地になって、飛び散る排水にも構わず、何回も同じ作業を繰り返しました。
20回ほどは繰り返したでしょうか。「ゴボッ、ゴボボボ」という音がし、溜まっていた排水が流れました。
この時の安堵と達成感はいまだに忘れません。
飛び散った排水や、ラバーカップの拭き取り作業は非常に面倒くさく不快でした。
こんなことが二度とないように、それ以降はトイレットペーパーを使いすぎないようにしたり、続けてトイレの水を流さないようにしたり、気を付けています。
ただ、業者に頼むだけでなく、自分で一度解決した経験は非常に貴重であり、これ以降同じような問題は起こった時にも役立つと思いました。
以前はラバーカップをトイレに常備するなど発想がありませんでしたが、絶対に持っておいたほうがいいアイテムの1つだと思いました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です