トイレのトラブル!業者に連絡する前に自分で何とかできないか考えてみよう!

           

私はもう10年以上も1人暮らしをしています。
私は今の家でのトイレに関するトラブルは数多くありますが、業者さんを呼んだのは1回きりです。
それについては後述しますが、ほとんどの場合は自己解決できることであることを言っておきます。
トイレに関するトラブルで一番多いのが紙が詰まってしまって水が流れないとというトラブルだと思います。
トイレはその機種や大きさによって便器の中に溜めておけるトイレットペーパーの数が違います。
私は頻繁にトイレに行く体質であり、大便は1日に2回以上は必ずしますし、飲みに行った次の日などは朝だけで4,5回ほどもトイレに行きます。
そうした時についトイレットペーパーが多すぎて水が流れなくなってしまうケースがあります。
まずそうなってしまった時は手で取り出せるトイレットペーパーがあればまずそれを取り除いてください。
次にトイレ掃除用のブラシで便器の奥を数回こすってみてください。
そしてコポンと言う音がしたら1度水を流してみてください。
これで大抵の場合は水が流れていきます。
この際便器に水が溜まっていっぱいになっていると水があふれだす場合がありますのでそれには十分ご注意ください。
これをやっても水が流れない場合はスッポンを使って便器に当ててみてください。
これを繰り返しやっても流れない場合は少し時間を置いてみてください。
10分後ぐらいにもう1度同じ動作をすると水が流れる場合があります。
これは時間の経過でトイレットペーパーが水に溶けて流れやすくなっているからです。
もし上記のことをすべてやっても水が流れない場合は便器の中に何か詰まっている可能性が大です。
私が業者さんを呼んだ時も石鹸を入れるプラスチックの容器が便器の中で詰まっていました。
私の家のトイレはユニットバスなので風呂用品も置いていたのでこういう状態になりました。
上記をまとめてみますとトイレットペーパーの紙詰まりは自己解決、トイレットペーパー以外のものを誤って便器の中に落としてしまうと業者さんを呼ばないといけない可能性が高くなるということです。
なのでなるべくトイレのそばには落としやすいものを置かないことが大事です。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です