トイレの手洗い付き部分からの水が少なくなった

           

数年前、手洗い付きトイレタンクの手洗い部分から出る水が、徐々に減っていきました。
特に思い当たることもなくタンクの中を確認して見ても何も問題ないようでした。
普段からトイレの後は、手洗い部分で手を洗っていて、他にはその部分を掃除する時くらいしか水は流しません。
しばらくは様子をみようといつもとおりに使用していました。
しかし、出てくる水が益々減っていき、チョロチョロと出るくらいまで減少しました。
さすがにこれでは困るので、知り合いの業者に修理を依頼しました。
見てもらうと手洗いに問題があるのではなく、止水栓から水を汲み上げる際に、異物を濾過するたためのフィルターがあるそうです。
そこが詰まって起きた水の減少でした。
一般的によくあることだと説明を受けました。
見た目では大きな異物などはわからなくても、汲み上げている水に細かな砂などが混ざっていることがあるとのことでした。
そのため、そのフィルターをきれいにする、フィルターを交換することで問題は解決しました。
知り合いだったので、修理費用も不要とのことで支払いもありませんでした。
何気なく使っていたトイレですが、それ以来異物が入らないように気を付けています。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です