トイレの流れが急に悪くなってしまった

           

ある日、トイレに入ってみると、流したはずのトイレットペーパーが残っていました。
その時はあまり気にせず、そのまま用を足し、普通に流れていったことを確認しました。
しばらくして、再度トイレに入ってみると、またトイレットペーパーが残っているのです。
これは何かおかしいと思い、流した後の様子を確認したところ、流れたと思ったトイレットペーパーが逆流して戻ってきてしまいました。
トイレの排水溝が詰まったのかと思い、ラバーカップ(すっぽん)で何度か復旧を試みましたが、
流れは一向によくならず、復旧する気配が見えません。
他にも、大量のお湯を流したり、高い位置から水を流しこんでみたりしましたが、やはりダメでした。
これはもう業者に頼むしかないと考え、諦めかけたとき、洗面所の詰まりを取るのに利用した、パイプクリーナーの薬品が目に入りました。
最後のチャレンジと考え、これを試してみた結果、今まで流れが悪かったトイレの流れが、急によくなりました。
何が詰まっていたのかはわかりませんでしたが、詰まっていた異物が分解されたように感じました。
今回はなんとかこの方法にて復旧させることができましたが、根本原因がわからないので若干の不安が残ります。
毎日使うトイレなので、故障や詰まりが発生してしまうと、家族みんながとても困ります。
ですので、次回同様の事象が発生した場合には、今後の予防も含めて、一度専門の業者さんに見てもらおうと考えています。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です