洗濯機トラブル、そして家電のホームドクター

           

古い洗濯機のどこかから水が流れ出し、洗濯機の下が水びたしになりました。自力でも夫でも原因が分からなかったので、大家さんから連絡先を伺って、賃貸住宅でお風呂やエアコンなどの修理をいつも請け負ってくれているおじさんに連絡を取りました。調べていただいてわかったのは、排水ポンプが痛んでいたことです。まずはポンプごと交換してくれたので、かかった料金はポンプ代だけでした。そして数年が経ったのち、また同様のトラブルが起きました。今度は交換ができない別の管に亀裂が入っており、おじさんは耐水性のテープを亀裂の上から何重にも巻いてくれました。これは応急処置なので、漏れるようなら洗濯機を買い換えてね、と言い残して帰りました。
それから半年ほどたちましたが、運良くテープがしっかりと水漏れを防いでくれています。自分だけの判断ならすぐに買い換えてしまうことでしょう。でもほんの少し直してもらえれば、本格的に故障してしまうまで有効に使い続けることができ、コストも大幅に抑えられます。おじさんのように、もし家電のホームドクターみたいな方が身近にいれば、大型家電の有効利用につながるかもしれませんね。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です