トイレットペーパー詰まりがよく発生します。

           

トイレ詰まりは年に2~3回経験しています。
原因は、はっきりわかっていて、息子が大量のトイレットペーパーを
使って流すためです。
息子がトイレを使って大の方をすると、とにかくトイレットペーパーの減りが
早く、1回で1/3以上減ってしまいます。

ペーパーの買い足しの頻度が高いのはしょうがないな~、で済ませられますが、
トイレ詰まりはそう簡単に済ますことはできません。
これまでの多くが、流れきれなかったペーパーがたまり水に浮いた状態で、
すぐにもう一度流すと危ない感じなので、時間を置いて、少しずつ水が流れていくのを
待ちます。その後、バケツにぬるま湯を入れて、少しずつ便器に流して様子を見ます。
ちょろちょろとわずかながら流れていく時もあれば、全く流れてくれない時もあり、
そういう時は、ラバーカップを使います。
ラバーカップは、最初の詰まりがあった時に近所のホームセンターまで買いに行き、
それ以後、何度も活躍してくれています。

密着するように角度を決め、静かに押さえ付け、勢いよく引きます。
これを数回繰り返し、バケツにくんだ水を流し、流れていくかどうかを確認します。
流れていけば詰まり解消です。
流れていかない場合は、さらに繰り返します。
最初の頃は、なかなか要領を得ず、1時間くらい手こずっていたこともあり、
汗だくで大変でしたが、さすがに10回以上やっていると、ここ最近は2-3回の操作で
詰まりの解消ができます。
明らかな汚水でない場合は、そのまま押さえ付け、勢いよく引くを繰り返し、
水浸しになることもよくありました。
後のトイレ掃除の方に時間が取られてしまい大変です。
トイレメーカーのHPで紹介しているように、養生した方がいいと思います。

息子には、詰まる度にかなり強く注意するのですが、ペーパーの大量使いは癖になっていて、
なかなか直りません。
ですから、最近は大をした時は、必ず2度流して、仮に詰まった際も、明らかな汚水では
なくするように言い聞かせています。
その甲斐はあって、ここ数カ月は詰まりなく過ごせています。
今後も詰まりトラブルはあると思いますが、業者さんに頼まずとも、なんとか自分で解決はできそうです。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です