ある日、私がトイレをしているのを見て子供がやってきました。

           

子供がトイレにおもちゃを投げ入れてしまった話です。もともとうちの子はおもちゃなどモノを投げる癖がありました。何度も注意しているのですが魔の2歳児は注意するほど投げます。

ある日、私がトイレをしているのを見て子供がやってきました。私がトイレットペーパーを便器に入れるのを見て、何やら嬉しそうにニコニコしながら近づいてきたかと思ったら、水を流そうとしたタイミングでソフトビニール製のヒーローの人形を便器に投げ入れました。

私は「あっ!」と声を上げましたが、すでに時遅しソフトビニールがトイレにつまり、汚物が詰まり水が完全に流れない状態になってしまいました。とりあえず、おもちゃを探そうと思いましたが、溶けたトイレットペーパーや汚物で便器の奥が見づらくて、手袋をして手を突っ込みましたが、届く範囲にはありませんでした。

これはもう業者に連絡しなくては駄目かなと思いました。最後に針金のついたコップを洗うスポンジの針金の方を便器の奥に突っ込ん見ると何か柔らかいものに当たる感覚が。そこでワイヤーハンガーをペンチで切って長くして、かぎ爪みたいな形にした状態でおもちゃに引っ掛けて、便器の奥から取り出すことが出来ました。

子供がおもちゃを便器に投げ入れてしまったときは、便器の形によりますが、針金などで届く範囲に詰まっていることがあります。業者に連絡すると結構高い金額を取られますので、一応ダメもとで探してみることをお勧めします。意外と私のように取れるかもしれませんよ。手や服は少し汚れますけどね。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です