初めてのトイレの詰まりで気が動転してしまった。

           

先日、生まれて初めてトイレの詰まりに遭遇しました。他人が詰まった話は何度か聞いていましたが、自分には起こらないと思っていたのです。
ちょうど一人暮らしを初めて1年が過ぎた頃です。少しトイレットペーパーを流しすぎたかなと思ったぐらいで、その他はいつもと同じでした。いつも通り流して、ちゃんと流れたかなど確認はしません。しかし、しばらくしてまたトイレに行くと、そこには一時間ほど前に流したはずの物が残っていました。においも残っていてひどいものでした。
これまで実家暮らしでもトイレの詰まりに遭遇したことの無かった私は、道具はないし、ワンルームでトイレが一つしかないし、今まさにトイレに行きたいしでパニック状態でした。気が付いたらトイレに手を突っ込んで割りばしでグイグイ押してました。まぁ、そんなんで流れるわけがなく、結局汚物まみれになっただけでした。それからコンビニでトイレを済ませ、スッポンを買ってスポスポしてみました。しかしそれでも流れなかったのです。結局自分でインターネットで調べて業者を呼んで、業者に便器を外してつまりを解消してもらいました。緊急だったので足元見られたのか、3、4万円ぐらいとられました。
あとで冷静になって考えたら、まず電話するのは管理会社ですよね。しかしその時は気が動転して、そんな状態ではなかったです。これから一人暮らしをする人は私のような失敗はしないように、賃貸で困ったらまず管理会社に電話することを覚えていてほしいです。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です