シャワー付き温水便座の水漏れとの付き合い

           

数年前から自宅トイレのシャワー付き温水便座使用時に少量の水が漏れる様になりました。

メーカーはINAXで年式も確実に20年以上は経過しているモデルかと思います。

驚く事にまだシャワートイレとして稼働している便座です。

水漏れしている時点で修理もしくは買い換えればいいと思うのですが、今も使用できているのと予算の関係で交換を見送っています。

長年の使用で流石にガタがきたのか現在進行形で水漏れ中。

少量なのがまだ救いです(一回の用足しで雑巾一枚が多少湿るくらい)

肝心の症状は、給水状態で通常使用すると便座周りから水が少量づつ垂れてきます(原因は内部パッキンの劣化かなとネット情報と素人観点で推測)

当然、給水バルブを閉めると止まりますが水漏れを収める為、用足し後にいちいちバルブを閉める必要があってかなり使いづらくなっています。

具体的な水漏れ場所はお尻の後方部便座裏側からと、シャワーやビデ等の制御ボタンが付いている機械部分へと繋がる細い給水管の根本の二ヵ所です。

使用後すぐ給水を止めるとはいえ(場合によっては使用中も)床にいくらかの水が垂れるのを防ぐ為に雑巾をひいています。

また前述の機械部分と繋がっている給水管の根本下スペースにバケツを置いて水受けにしている始末です。

一応は安全装置が付いており今までも感電、漏電等はありません(もしあるなら安全装置が電流を遮断して使えなくなるはずです)

どうせなら新品を購入した方がはるかに良いと思っていますので修理は考えていません(掃除などのメンテナンスはしっかり行っていますが)大体修理しようにもかなり昔のモデルなので部品製造しているのかも不明。

とはいえ将来的に完全な故障で使えなくなる可能性は高いですし、出来るだけ早く新品購入して対応しようと思っています。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です