お正月の三日にトイレに異変が

           

昨年のお正月に子供達家族と孫達全員が揃って元旦と二日目のお祝いをしました。家人の手作りのお節や雑煮を美味しく頂いて、穏やかな新年を迎えることが出来ました。

しかし三日目のお昼頃から一階にあるトイレの流れが悪くなってると子供達からの連絡に急いでトイレ用ゴムポンプで何回か圧縮してポンプを操作しましたが流れは弱く水洗で流すとだんだん溢れて来るような水位なってきたので暫くは放って置いて様子を見る事にしました。しかしなかなか水位が下がらない現象に違和感を覚え、これは普通じゃないと思って水のトラブル専門の業者に電話しましたがお正月でなかなか電話が繋がらず少々焦りました。

何とか電話は繋がったのですが明日以降しか訪問できないとの返事に早く来てほしい気持ちをぐっと抑えて明日の午後からの訪問を依頼しました。その後が大変で息子達や孫達は当初からの予定通り三日の午後からそれぞれ帰って行ったのですが私達はトイレが使えないので車で買物をかねて夕方に近くのショッピングモールに行って買物とトイレを拝借してお世話になりました。

問題は寝る前のトイレでした。近くのコンビニに車でいって朝食用の食品を買いながらトイレを拝借して帰ってきたりして何とか翌朝を迎えることが出来ました。お昼から来た業者担当の方から下水枡や下水配管など点検してもらった所、排水溝の立て枡になんとビッシリと木の根っこがはびこっていたとの報告を受けて現場を見ると本当にビッシリと詰まっていてこれでは流れないというぐらいひどい詰まり方でした。

何とか根っこを処理していただくとトイレ便器から勢い良くきれいに流れ出しました。他の集合枡や他の下水管も点検してもらい他のところは幸い大丈夫だったのでホッとしました。周辺住宅地でも大体築15~16年以上経つと下水管にひび割れが起ったりしてその隙間から庭の樹木の根がはびこって配管が詰まるトラブルが多く発生すると言われてました。まだ早くトラブルが見つかって良かったと思っています。家も人間と一緒で加齢と共に血管に不純物が溜まり流れが悪くなるのだという認識を新たにする事が出来て、良かったと思わせてくれる出来事でした。家も身体も早期点検が大切ですね!

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です