水道管が凍結した時の体験談

           

私の住んでいる所は寒冷地で、夜は特に冷え込みます。
ある日、最強寒波が到来するので注意が必要、とニュースで言っていたんですが、当時一人暮らしを始めたばかりだった私はどういった準備をしたらいいのか分からずにいました。

その翌朝、ふと顔を洗おうと洗面台の蛇口を捻ると、水が出ないことに驚きました。
水道代滞納したのか、とも思いましたが、ハッとニュースを思い出して、水道管が凍結してしまったことに気付きました。
私の家の場合、洗面台だけではなく、トイレ、お風呂場、台所の全ての水道が出なくなっていたのです。

シャワーを浴びることもできず、トイレにも行けない状況は実際絶望的でした。
とりあえずコンビニにこっそり洗面台を借りて、仕事に向かいましたが、仕事から帰ってきても復旧している様子は見られませんでした。

業者に連絡してみましたが、あちこちで凍結トラブルが発生しているようで、来るには2~3日かかるとのこと。
その数日間は水の大切さを今まで以上に感じました。

携帯で検索して、お湯を水道管にかけてみたりもしましたが、なかなか上手く行きません。
一人暮らしの私にはこの状況はとても辛く、心細いものでした。

断水して2日目の夜、今日も水出ないのかな、と憂鬱になりながら仕事から帰ってくると、水道が復旧していたのです。
とりあえず業者を頼まずに済んでホッとしましたし、水が使える喜びを改めて感じました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です