試験前に風呂がいきなり詰まって大変でした

           

大学時代に借りていたワンルームのアパートが、風呂とトイレが一緒のユニットバスでした。初めての一人暮らしということもあり、髪の毛などを集める網などを全く使わずに普通にシャワーを浴びている生活をしていました。ある時、大学の試験前の夜にシャワーを浴びていると、なぜか排水溝にお湯が流れていかず、それ以上シャワーを浴びることができませんでした。次の日に試験ということもあり、途中だったシャワーは洗面所と濡れタオルで済ませました。そのトラブルで寝るのが遅くなり、試験自体は眠くて大変でしたが、かろうじて乗り切ることができました。試験後、業者を読んで排水溝を調べてもらうと、排水溝の奥の方にかなり髪の毛などが詰まっていたようでした。詰まっていたものを見せられた時は、かなり汚い状態の髪の毛その他のよくわからないものの塊となっていて「二度と詰まらせるか」と誓ったのでした。それ以来、シャワーを浴びるときは必ず髪の毛などを集める網やシール式のシートなどを設置するようにし、極力髪の毛などが排水溝から流れていかないようにしています。そのためか、二度と風呂場の排水溝が詰まることは今のところありません。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です