詰まりの救世主、すっぽんは必需品

           

トイレの詰まりは相当焦りますよね。
普段通りに水を流したつもりが、吸い込まれることなくグングン上昇。水位は便器のふちギリギリ。
そういえば、ちょっとトイレットペーパー使いすぎちゃったな。いやきっともう一回流せば……は、ダメです。溢れさせてしまう行為です。
しなければならないことは、まず見守る。
詰まらせた原因がふやけるのを待って、徐々に水位が下がってくれば問題ありません。
ですが、正直すぐにとはいきません。
次に使う場面がいつになるのかわからないのに。
早くふやけさせるためにお湯を加える方法もあるらしいのですが、この水位でそんな恐ろしいこと!
私がとった行動は、すっぽん(ラバーカップ)でした。
どどどどどうしよう!と焦りながらも、随分昔に親が使っていた記憶がよみがえりました。
物置に走り、探したところ、あった!
でも、これは洋式に替える前のものだった気がする。ということは和式用?果たして使えるのか?と半信半疑ながらトイレに直行。
やりましたよ、すっぽんすっぽん!と。
床にぞうきんや新聞紙を敷いて、濡れないように準備。
便器の穴めがけて、すっぽんを突っ込み、なるべく穴をしっかり塞ぎます。
ぐいっと押し付けるとゴムの先端に柄がめり込み、ずぼっという感触。
力を弱めると柄が戻ります。
三回めにしてようやく成功しました。
水を流す際のような勢いではなく、ゆっくりとですが確実に水位が元に戻りました。
結局のところ、和式用なのか洋式用なのかわからないまま。
ただ言えるのは、あった方が良いです。すっぽん。
もちろん、詰まらせないことが大事なのですが、この一本で安心感が得られますよ。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です