先日の寒波の影響で水が出なくなりました。

           

2月上旬。関東にも雪が降ると予報され、実際に雪がふった後のことです。
朝目覚めていつものように料理をしようとキッチンにたって、水を出したら水が出ない。
夢かと思いました。
目をこすって、再度、水をひねってみたのですが、やっぱり水が出てこない。
洗面所、トイレ、それからお風呂場でも水が出てこないのですが、目覚めたばかりなので、それが「凍結」という現象であることに気が付くのが遅かったです。

主人が起きてきて、水が出ないと伝えるとお風呂の水をくみ上げてきて、熱湯しない程度に温めてくれました。
何をしているのか横で見ていると、鍋をかかえて外に出て、水道管に垂らし始めたのです。
主人の行動が全く理解できないままでいたら、しばらくすると蛇口から水が出てくるようになりました。

主人が家に戻ってきて、水でた?というので、何でこんな状況になったの?と聞くと、
こういうときは水道管を熱すぎない温度の湯をかけるとで解消されることがあるとのこと。
雪国の地域で育った主人ならではの対処法で、関東育ちの私はこの現象こそが「凍結」だったということを後になってわかりました。

業者に頼むと数万円はかかるというので、自己解決できて良かったです。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です