暖房便座がいきなり壊れてしまい設備屋に依頼した

           

先日トイレの水の勢いが極端に弱くなってしまい、何とか急いで直してもらう為に水道屋へと連絡を入れました。

この際にはトイレのタンクを診てもらい、問題を上手く解決出来ました。

水道の出が悪くなった理を作業員の方に訪ねて見ると、内部の水量を調節しているボールタップのストレーナに、大量の錆やゴミが付着していたからだと、詳しく説明してくれました。

錆がどうして発生するかと言うと、昔の水道管や道路に埋設している本管などは、コーティングされていない鉄管である為、その影響から錆が起こるのだそうです。

他にも水道管を新たに接続する工事でも、錆やゴミは現れて来るのだと教えてくれました。

この事が引き金となり、本管だけでなく宅地内の水圧も大幅に低くなるんだそうです。

地域によって用いられている水道管は異なるのだそうです。

鉄管が現在でも使われて地域では、トイレだけでなく給湯器のストレーナなども小まめに点検し、必要に応じて交換しなくてはならないそうです。

トイレのトラブルから思わぬ知識を把握出来たので、貴重な情報も掴めました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です