お湯が流れていかない!お風呂の排水口に重りが?!

           

築年数30年ほどのアパートに引っ越してきたばかりのときの話です。
お風呂で体を洗っていると、お湯も泡も全く流れていかず、浴室に湯船のようにお湯が溜まってしまいました。
排水口の蓋を開けてみると、そこには重りが…!
ネットで調べてみると、古いアパートなどには臭気止めの弁として重りのようなものがあるとのこと。
本来ならそこまで水が詰まることはないはずだが、重りはサビと汚れにより、隙間がない上に排水口にぴったりとくっついてしまったいたのです。
大家さんに連絡をし、業者を呼んでもらうことにしましたが来るのは数日後でした。
そこで、車関係のメンテナンス業をしている旦那がとりあえず仕事の機器を使い、重りを剥がす作業に取り組みました。
すると、15分程度でサビと汚れを剥がすことができ、
重りも取り外すことができたのです。
業者に頼んでたら、数日後になった上にお金もかかるし、
こんなに簡単にできるのなら、まずは自分たちでやってみることも大切なんだと思いました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です