ラバーカップの効果的な使い方

           

トイレは大便の時は詰まりやすいことを何度か体験しました。そこでこまめに流す習慣をつけていたのですが、トイレ掃除をしている時、つい油断してしまいました。
トイレクリーナーはトイレットペーパーより流れにくく溶けにくいのです。夢中になりトイレクリーナーで色々な場所を拭いては便器に入れていました。そうすると、便器の中が沢山のトイレクリーナーになりました。それでも、感覚的にトイレットペーパーだったら流れる量だと思い流しました。
すると逆流して一切流れませんでした。取れそうなトイレクリーナーは割り箸で取りました。それでも流れません。常に自宅に万が一の時のためにラバーカップ、いわゆるすっぽんを常備していたので、ラバーカップでパコパコとやりました。しかし、チョロチョロとも流れません。一切水かさは変わりません。
業者に頼むと1万円近くするのでもったいないと思い、何が何でも自己解決しようと思いました。ネットでラバーカップの使い方を再度調べてみました。
すると、今までラバーカップは押したときの水圧で水が流れると思っていたのですが、違いました。
ラバーカップをそっと押して、真空状態を作り、そして勢いよく引っ張るのです。もちろん周りに水が飛んでしまいます。そのためにラバーカップに広げたビニール袋や新聞紙を被せるという方法もあります。私はラバーカップに広げたビニール袋をかぶせました。
真空状態にして勢いよく引っ張った瞬間、ゴボゴボという音と共に流れていきました。ラバーカップは押すときの水圧でも流れますが、一番効果があるのは、カップの中で真空状態を作り、勢い良く引っ張るという方法でした。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です