トイレが詰まった!洪水寸前の危機を自力で乗り切る

           

トイレトラブルといえば、やはり詰まる事が一番多いような気がします。
実家に住んでいた頃の話ですが、水圧のせいなのか体質のせいなのか定かではないのですが、なかなか頻繁にトイレが詰まってしまいます。大きい方は出来るだけ外で済ませようと心がけていたのですが、やはりどうにもならない事もあります。
頻度が高すぎるので、いちいち業者を呼んでいるわけにもいきません。我が家では基本的に自力で解決していました。

一度目で流れない時は、時間を置いてからもう一度流す、という作業を何度か繰り返すと大抵うまく流れてくれます。上がってきた水自体は、時間とともに少しずつ引いてくれるので、様子を見ながら気を付けて流せば溢れることはありません。うちのトイレは古いタイプの水洗トイレで、タンクに水が溜まるまで結構時間がかかりました。待って、流して、待って、流して…としている間、誰にもトイレに入れませんし、臭いもなかなか強烈になってくるので大変でした。

ですが、それだけで流れる時はまだ良かったのです。待てども待てども溢れた水が引かず、もう一度でも流せばもう溢れてしまう…そんな時は、やはりスッポンが必要です。億劫だし、詰まったトイレの中にものを突っ込むのもなかなか勇気がいるものですが、それさえあれば高確率ですぐに水が流れます。
ところが…そんな時に限って、我が家のスッポンは素材の経年劣化により使い物にならなかったのです。家族そろって頭を悩ませた、ネット検索で調べた結果――バケツに水。それが状況打破の鍵だということがわかったのです。
水がすでに溢れているところに、更に水を注ぐ…かなりデンジャラスな賭けのように思えました。どうやら、勢い良く注がなければならないらしいのです。うっかり溢れたら辛すぎますが、他に術はありません。
思い切って、どぼどぼとトイレの中にバケツの水を注ぎました。ざああと水と汚水が渦を巻きながら……強情に詰まっていたものと共に流れていきました。
溢れることもなく、無事に、平常通りの機能をトイレは取り戻しました。
意外と、何とかなるものです。

ひどくスリリングで、心臓にはあまり良くない体験でしたが、少しでも窮地に悩める方の参考になれば幸いです。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です