結露が酷くて、天井から水が漏れてくる。

           

十年くらい前から冬の結露がトイレの外壁に面した壁で目立つようになり、それと一緒にだんだんと天井が湾曲してきました。
ついには、丁度すり鉢状になった傷んだ天井板の先から水が滴り落ちてくるようになってしまいました。
上の階の住人はほとんどお付き合いをする人ではないため、何が起きてこのような事になったのかがわかりません。
賃貸ではないため、修理は自費で行わなければならず、かなり長いことためらっていましたが、ある年の冬にとうとう天井が抜けそうなほど湾曲してしまったため、リフォーム業者に修理を依頼しました。
 天井の張替えと壁に結露が付かないためのリフォームでした。
狭い個室の上と横だったため1日で済むかと思いきや、早朝から終日丸二日かかる大工事となってしまいました。
その間玄関は開けっ放しで、春先とはいえ雨の日だったので寒かったです。

 これほどの結露ができた理由は、建物の中を走る排水管にできた結露だったようです。
同じ建物内で、なぜ自宅だけが排水管の結露の被害が出たのかは不明です。
しかもその数年後には、全国規模の行政で行う古い排水管の大掛かりな取り換え工事があり、問題の排水管は交換が終了しました。
リフォームできれいになったものの、これまでの冬場のあの苦労はいったい何だったのでしょう…。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です