極寒の日に給湯器が故障!?

           

今年の1月末、私の住む地域でこの冬一番の寒さを記録しました。
そんな日にふと、給湯器をみると、なにやらみたこともないエラーコードが表示されていることに気づきました。慌てて蛇口をひねってみても、お湯がでない。
調べてみると、給湯器に17時間以上通電していない場合に出るエラーコードとのことでしたので、早速、給湯器本体を調べてみると、
確かにヒーターのブレーカーがが落ちていたため、電源を入れ直してみても、すぐオフになる状態でした。

これ以上調べるのは無理だと思い、業者に修理を依頼しました。
(この日は家族5人、近くの温泉に入りました。この時点で2000円の出費)

翌朝、業者にみてもらったところ、給湯器の核となる、ヒーターが故障していることがわかり、部品を取り換えが必要とのことでした。

しかも、部品ご届くのは早くても3日後。。修理ご終わるまで、毎日風呂は近くの温泉で、入浴代を支払い、食器は冷たい水で洗わなければいけない地獄の3日間でした。
さらに、コアな部分の修理だったので、修理代は約5万円。。身体にも財布にもつらい出来事でした。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です