真冬のトイレの詰まり

           

私の済む岩手県は、真冬になると毎日の最低気温が氷点下10℃以下、最高気温も氷点下の日が続きます。
こんな環境で困るのが、トイレの排水の詰まり。トイレットペーパーなど異物が詰まることは全国どこのご家庭でもあると思いますが、我が家の場合は、下水管が凍って詰まってしまいます。
手洗いや排水タンクに繋がる水道は止水栓で水を止め、更に水道菅に熱線を入れることで凍結を防止できますが、下水管に関しては何もできません。我が家のトイレから下水に流れ込むまでの間が凍っているのか、もっと先の地下に埋まっている下水道が凍っているのか全く判断もつきません。
朝の時間、家族全員がトイレを利用する時間帯に詰まっていると我が家はパニック状態に陥ってしまい、解決はそれぞれの我慢の限界との戦いとなります。
なので業者さんの営業時間を待って連絡をして、修理に来てくれるのを待つ、という悠長なことなど言っておられず…ひたすら自分たちで解決に取り組みます。
最近編み出した効果的な解決方法は、「熱湯を下水道まで流し込む作戦」。読んで字のごとく、熱々の熱湯を我が家の地下を流れているであろう下水道まで到達させる作戦です。
田舎ですので幸いなことに、ストーブの上には常にヤカンがかけられており、熱湯はたっぷりとあります。
この熱々の熱湯を便座にたっぷりと注ぎ、排水菅にジワジワと浸透していくのを待って、その熱で凍っている箇所を解かします。
凍っている場所が近くだと熱湯を2回ほど溜めるだけで、スコーンと気持ち良く詰まりがなくなりますが…思ったよりも遠くで凍っていると、何度熱湯を注いでも排水されず、熱湯のおかわりをコンロで沸かしてドンドンと注ぎ漸く詰まりが解消することもあります。
このトラブルは全国的には狭い範囲のことかもしれませんが、我が家にとっては「解決する機材を発明した人はノーベル賞ものだろう」と話題になるほど、大変なトラブルなのです。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です