洗面台の排水口に歯ブラシがつまった

           

洗面台の排水口の入り口に網目の金具が付いていたのですが、小さなゴミが溜まり、掃除が面倒になりました。そこで網目の金具を外して、大きな穴が開いている状態で使用していました。
ある日、歯磨きをしている時に寝ぼけていて歯ブラシを手から滑り落としてしまいました。落下した先は排水口です。排水口を覗き込みましたが歯ブラシは見えませんでした。
とりあえず歯を磨き終えたのですが、特に水が流れないという不便がありませんでした。このまま歯ブラシがつまったままでも問題ないかもと期待を持ち、放置することにしました。
しかし、数日間歯ブラシがつまった状態で洗面台を使用すると、石鹸を使用した時、石鹸の泡が逆流してきたり、沢山の水を流すと、流れるスピードが追いつかなくて逆流してきます。
自己解決は無理だと判断したので業者に依頼しました。業者に依頼すると、洗面台の下の戸棚を開けて、排水パイプを外してすぐに取り出すことができました。修理時間は10分ほどでしたが、費用は8000円程かかってしまいました。今後は自分でもできるかもと思ったのですが、それよりもこれ以上物を落とさないようにしようと思いました。そして排水口を洗うのが面倒なので、使い捨てができるように100円均一で洗面台のゴミ取りネットのような物を購入して使うことにしました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です