トイレが使えなくて困った

           

自宅のトイレで、検査のために飲んだバリウムの影響で詰まり水が流れなくなってしまった。
これは大変だと急いで便器に付着してしまったバリウムのべんを取り除こうとしたのだが一度流してしまったため、上の方まで水が来ており溢れる危険性があったので清掃用具スッポンは使えない。水が引くのを待つこと1時間ほど。ようやく水位が元に戻りバリウムのべんが姿を現したのだがここからが一番苦戦だった。はじめに便器を磨くブラシの裏で奥の方を取ろうとしたのだが、奥まで届いていないのか全く取れず再度時間を置きタンクの水を流した。再び水が上まで来て変化がないのに気がついた。このままトイレが使えないままではまずいと思い物置からゴミ掃除で使うトングを取り出し便器に付着したべんを力ずくで取り除いた。奥にも詰まっていたのだがネットでお湯を使い流すと良い、とあったので試してみると見事に流すことに成功した。それからは家族の中でバリウムを飲んだ際はお湯を使いなるべく流しやすい状況を作り上げ流すようにしている。バリウムは検査を受けるために服用すると思いますが、検査後はただちに水分を取ってください。バリウムも水分を全く取っていない状態と取っている状態では若干ではありますが水分を取った後のべんの方が流れる時間が早く感じます。バリウム自体もアルカリ土類金属という金属らしく、重たいので通常のべんとは違い流すのにいつもよりも高い水圧が必要なのかもしれません。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です