トイレにはトイレットッペーパーを使いましょう

           

トイレのトラブルで一番多くて、かつ一番厄介なのが「詰まり」ではないでしょうか。
朝起きて、まだ寝ぼけ眼のままトイレに行って突然トイレが詰まって流れなくなったら、一気に目も覚めるというものでしょう。
本当に、実際泣けてきます。
仕事にも行かなければならないし、仕事が終わってからでは出張費は割高になるのではないか?でもそんな事は言っていられないのではないか?
と半分パニック状態に陥りながら、何とか自然に直らないかと様子を見ていると、水位が増していた便器の中の水がじわじわと引いて行ったらしく通常の水位になっているではありませんか!
これは天の助けか!と期待しながら、流水レバーを動かしてみると…。
詰まりは解消されずに、水位は元通りの異常水位に。
一瞬でも期待してしまった分、落胆は激しくて涙が出てきてしまいました…。

もう仕方がないので、割高の出張費でも構わないと腹をくくり大手水漏れ修理業者へ連絡。
こういう時に、頭にこびりついたCMソングが役に立つというか、企業側の狙いはまさしくコレだと思いながら苦笑い。

詰まりの原因は、ティッシュペーパーを流していた事。
当時飼いはじめた子犬の便をティッシュにくるんでトイレに流していたのがいけなかったみたい。
トイレットペーパーじゃないと、上手く溶けて流れないのだという事を恥ずかしながら知りませんでした。

可愛い子犬と自分の無知で高い修理代を払ってしまった失敗談でした。

普通に家のトイレを使っていれば間違いはないと思われますが、トイレではトイレットペーパーを使いましょう。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です