トイレがつまりトイレの床も腐ってしまったので買い替えた時の話

           

私の親が新築の家を建ててから20年ほど経ち、家のいろいろな場所にガタが出てくるということはある程度予想していました。
そんなあるとき父親がトイレを使用した際に紙を使用しすぎたことが原因で排水の際にトイレが詰まってしまいました。
おそらくそれが原因でトイレの便器の下のフローリング部分に水がしみこみ、その部分だけ床板が腐ってしまいました。

私の家は父親の友達に大工さんがいるので、何かトラブルがあればすべてその人に頼んでいます。
その時もその知り合いの方に床板が腐ったことを伝えると、床板だけを変えるのでも問題はないと言われたのですが、20年も使用したトイレなのですべて変えてしまおうと家族で相談し、買い替えることに決定しました。
そのため、自己解決は考えずすぐに業者に依頼したといえますが、工事費は格安でしたのでその分を新しい便器に投資できました。

それまで使用していたトイレはTOTOのウォッシュレット式のもので、買い替えたものはTOTOの2017年の最新のモデルでした。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です