お風呂のシャワーが故障した体験談

           

皆さんの家のお風呂の排水溝はどのような構造になっていますか?
私の家のお風呂は古く、風呂の給湯器も未だに手動でハンドルを回して点火し、湯を温めるタイプのものとなっています。
排水溝も穴に金属の網目の蓋がしてあるような簡素なものでした。
ところが私の家は建てたのが古いのか全体的に経年劣化しており、トイレの床が抜けたりとボロボロな状態の家で毎日を過ごしていました。

そんなある時のこと、冬場にお風呂に入った私を襲ったのは、根元から水を噴出しているシャワーでした。
最初はつまみを捻り過ぎたのかと思ったのですが、まるで噴水のようにシャワーの根元から出てくる水に呆然としていました。
ふと我に返った私は慌てて給湯器に繋がっている水のバルブを占め、慌てて水道屋さんに連絡をしました。
時間的には夜間帯だったため、修理は翌日となりその日は浴槽のお湯で体を流して風呂を終えました。
結局翌日のお昼過ぎ頃に業者が到着し、修理自体は滞り無く終えることが出来ました。
どうやら根元部分のパッキンが限界を迎え割けていたことが原因だったらしく、パッキンの交換と清掃を終えて無事直すことが出来ました。

人間いきなり想定外の事態が起きると頭が真っ白になって若干パニックになると言うのを身を以て体験した出来事でした。
もう少し柔軟に対応出来るよう気をつけたいと思いますが、
迅速に対応してくれた業者さんには本当に感謝しかありませんね。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です