便器下部からの水漏れ

           

去年の秋、頻繁にトイレの床が濡れていることがありました。私の家は、手洗いがトイレの中にあったため手を洗ったときに水が飛び散って濡れたのだろうとあまり気にしませんでした。
しかし、トイレを使っていないときにも床が濡れるようになりました。どこから漏れているかわからなかったため、トイレを流すとわずかに大便器下部から水が流れているのを確認しました。大便器の下部のうちどの部分から漏れているかわからなかったため、タオルを、大便器と床との接続部に置き、濡れたら交換することで一次対応をしました。しかし、だんだん漏れる量が多くなってきたため、業者に対応を依頼しました。
業者は、便器の割れがないか、接続部の防水が切れていないかを確認しました。結果として、接続部の防水が切れていたため、流した水が一部漏れていました。従って、大便器と床の接続部に防水加工を施していただき、漏れはなくなりました。漏れている期間は、トイレの中に汚水が流れていたため、終わったあとに次亜塩素酸ナトリウムで消毒していただきました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です