レバーの故障からトイレを新しくしました。

           

30年前に自宅を建てた時から設置されていたトイレのレバーが壊れ、用を足した後に流す水が止まらなくなることがありました。何度か、レバーを修理し、改善をしていましたが、途中から水がジョロジョロと少量ながらずっと流れるのが続き、水道局の調査員が確認した際に水道のメーターの異常な数値に驚いて確認に訪れました。普段は5000円程度の金額でしたが、その時の請求額は2万円近くなったので、トイレを業者に依頼して修理することにしました。しかし、修理する金額とリフォームして新しいトイレした場合の金額と大差なかったので、業者に依頼することにしました。業者は家電量販店を利用し、トイレや工事費用など全てがパックとなっているので、金額が把握しやすかったです。また、保証も家電と同じように長期保証が適用され、工事の期間も一日で完了するので、安心して利用することができました。
その後、新しいトイレになりましたが、これまでのトイレの不具合が嘘のように快適に利用することができ、満足です。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です