ビルの4階に住んでいた時のトイレはしょっちゅう故障していました。

           

かつて住んでいた家はビルの4階にあり、トイレが和式でした。

そのトイレはしょっちゅう詰まりやレバーの不具合で故障をしていました。本来であればリフォームして新たな和式トイレを設置したり、思い切って洋式トイレにするという方法もあったのでしょうが、管理者が別にいたことから故障をしても常に家族の誰かが修理をしている状態でした。

特によくあったのがトイレの詰まりであり、4階で水の流れも強くできなかったことからしょっちゅう自分たちで直していました。なので常にトイレにはラバーカップが置かれていて、時にはそのラバーカップ自体が使いすぎて壊れてしまうこともあったことから、予備のラバーカップも数個置かれていた時期もありました。

その家には約2年ほど継続して住んでいましたが、一度も修理業者が来ることなく使用していました。引っ越す直前にはレバーからの水漏れも確認されていましたが、もう引っ越すということで修理はせずに使用する際は細心の注意を払いながら使用していました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です