キッチンのシンクからの水漏れ

           

新築で家を建ててから15年経過しましたが、先日キッチンのシンク台の下から水漏れがおこりました。最初は全く気がつかず、ただの湿気かと思っていましたが、ある日突然ボタボタとシンク下から水が漏れていることに気がつき慌てて新築を建てたハウスメーカーさんに依頼しました。

新築を担当して頂いた営業マンさんに連絡しまして、キッチンメーカーさんに依頼して下さるとの連絡がありました。翌日、キッチンメーカーさんのアフター業者さんから修理にかんする電話があり、後日訪問してくださることとなりました。修理当日、なぜ水漏れをしているかを訪ねてみると、原因としてはシンク下からのもらい錆の可能性が高いとのことでした。

もらい錆というのは、普段日常で使用している錆びたフライパンなどに付着している錆が長年使っているとシンク下に錆が繁殖し、その錆が穴となって水漏れするとのことでした。今回の対応としては、コーキング処理だけで問題ないとのことでしたので、修理費用に関しても3000円ほどで済みました。




水漏れ防衛隊では、周辺の水漏れ・つまり解消業者情報をお届けしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です