水道関係は専門業者にお願いするべき

           

アパートに住んでいた時のことです。故障や修理などは当然大家さんに連絡してお願いするのですが、なかなか言いにくい時もあります。
風呂場や洗面所の水道の蛇口が栓をきつく締めても水がポタポタと落ちるようになり、でもこれくらいで言っていいのかと結構迷いました。
大家さんがあまり感じの良い人でなかったので、なおさら言いにくかったのです。

それでも、ポタポタではなくツーッと連続して流れ落ちるようになったので、とうとう思い切って大家さんに連絡しました。
その日の午後には水道修理業者が来るように手配してくれてホッとしました。
パッキンの交換を手際よくやってくれ、これで一安心と思ったのですが、その修理屋さんがついでに排水溝の掃除もしてくれることになりました。

洗面台の下を開け何やら作業をしていたのですが、「あっ…」という声と共に作業の手が止まり、私は呼ばれました。
なんと排水管のひび割れが見つかったのです。
幸い極々小さいひび割れだったので今のところ水漏れはなかったのですが、もし今回気が付いてもらえなかったらそのうち我が家は床が水浸しになっていたかもしれません。
考えただけでもゾッとします。
修理屋さんが仕事の出来る人で本当に良かったと思いました。
また感じの悪い大家さんに気を使ってなかなか連絡しなかったことを反省もしました。

結果オーライでしたが、やはり気になることは放っておくのはいけないと思いました。
ましてや水道関係は素人では分かりません。
気になることがあれば専門業者さんにみてもらうのが一番だと思いました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です